琵琶湖ミーティング、いよいよ!

お待たせしました!
先日のEES釣り部琵琶湖ミーティングの詳細です。

前日の十三ファンダンゴでのライブのアルコールがやっと抜けた朝4時、元気に琵琶湖に出発。
集合地点に10分前に到着しましたがほぼ全員が既に到着し各自自己紹介などが済んでいたようでした。

ではまず、今回の琵琶湖ミーティングメインデイに参加してくれた10人の紹介です。

2010100701
左からコバヤシくん、フクヤマくん、コマツくん、ノブさん、アオヤギくん、スゥさん、カネコくん、イールショックモリモト、市長、コイちゃん(からすまフィッシャーマンズパークにて)

東京から参加組み

フクヤマくん 分類;おっさん
今回のこの企画で間違いなく最もハードワークを強いられた男。この企画も、そして7月の亀山ダムトーナメント(こちら参照)も彼がいなければ実現はなかったでしょう。ハードワークの疲れが釣果に影響しないかが心配ですが数少ない船舶免許保持者、おまけに関東組み唯一のボートオーナーですから操船のほうもがんばってもらわなければなりません…。

カネコくん 分類;おっさん
この企画終了後満場一致でEES釣り部部長に就任された、年に数度の琵琶湖通いをするほどの琵琶湖フリーク。今年琵琶湖で自己記録を更新した余裕なのか終始自身の釣果よりも「○○クンに良いの釣れるといいなぁ…。」と言っていた心優しい男。ファイト中にズボンのお尻を破ったりしてしまう憎めないキャラクターも魅力。

コマツくん 分類;若者
この日唯一の若者。この企画は随分前から何度もしていたボクとコマツくんとのライブハウスでの会話が発端。「え~?!コマツくん自己記録45cm?!一度琵琶湖においでよ、大幅記録更新が待ってるよ!」「そうですね~、一度行きたいけど足もないしなぁ…。」
彼とはこれが3度目の釣行ですが関東での前の2回は結果に恵まれず、今回はボクへのリベンジも兼ねているかな?若者の閃きと引きの強さに期待。

ダブルナオキ コバヤシくん 分類;おっさん
4~5年前?ボクやもう一人のナオキくん達と雑誌Basserの8ページにも及ぶ巻頭グラビアを飾った男。デザイナーという職業らしく個性的でかっこいい釣り場ファッションにボクはいつも注目しております。今回エギングロッドを持ち込んできたのもオリジナリティー溢れますが最近琵琶湖で流行っている“ハネジグヘッド”はまさにエギング的釣法、ただの目立ちたがり屋ではないな…。

ダブルナオキ アオヤギくん 分類;おっさん
実はボクが釣り負け続けている男。ボクがからっきしだった真冬の高滝ダムではディープクランクをばっちりはめて50cmアップ3連発!河口湖ではバックシートからいいのを抜かれた経験もあるなぁ…。そして10年以上(?)前の琵琶湖では川越ガイド艇で58.5cmを揚げて釣り新聞にも載ったらしい…。(当時のこのサイズは今のそれ以上の価値だと思います)今回こそはボコボコにしてやらなければ!釣果とは裏腹に釣り自体はガツガツした印象はまったくなし、その落ち着きが安定した釣果を生んでいるのでしょう。

中部から参加
ノブさん 分類;おっさん
朝夕は既に肌寒い琵琶湖の湖畔、Tシャツ1枚にロッド1本だけを持って登場した素浪人のような男。「バスボートで走ったら結構寒いよ。何か羽織るもの持ってきたほうがいいと思うねんけど…。」「大丈夫です。冬でもTシャツ1枚でOKです。」で結局、1日中涼しい顔で涼しがらずに釣りをしてました…、恐るべし。素浪人と書きましたがルックスは殺気のまったく消えた優しい雰囲気、殺気は釣りの対敵ですから期待大です。

スゥさん 分類;おっさん
EESのハードコアファン、スゥさんの弟さん。でもボク達釣り部はスゥさん弟のことをそのまんま“スゥさん”と呼んでしまいました…。今後をややこしくしてしまったわけです…。さてそのスゥさん、きゃわゆいお姉さまとは大違いのかなり厳ついルックス。釣り部部員でなかったら敬語で乗り切るところでしょう。でも笑顔になると少年のようでもあります。心配なのはそのビルドアップされた大きな体で持つとさすがの琵琶湖のバスも迫力25%減になるのでは…?このパーティーの中では数少ないかなり頻度の高い琵琶湖通いのエキスパートですから釣果にも期待しております。

コイちゃん 分類;おっさん
名古屋で活動するバンド“精神安定剤”のボーカル。パンキッシュなバンドサウンドとは裏腹の超ぬるいキャラクターで、何をやっても許されてしまいそうな人徳の持ち主。ボク達EESは10月24日常滑で彼が主催する「コイオロックフェス」に出演します。今回が2度目の出演になるこのフェスは海っぺりで行われるのでボクは釣竿持参で出演しますよ。世界中の特大から特小まで数多くのフェスに出演している僕が保証します、「コイオロックフェス」は世界で一番ユルいフェスティバルです!中部地区の方は是非参加してください。

市長(サブマリンガイド)  分類;おっさん
まさにEES釣り部の現場頭脳!釣り部部員にしてテクニカルアドバイザー。このマザーレイク琵琶湖の湖上に毎日浮かんでいるガイドさん。この日の釣果は彼の手に掛かっているといっても過言ではありません。ここのところタフといわれている琵琶湖で「50アップ数本、そしてみんなに60アップの迫力を見せたい。」と無理難題を吹っかけてみたボク。だってこの男は本当に釣るんですもの!ボクが一緒に釣りをしたことがある人の中でもダントツに釣りが上手い人の一人。実はボク、トッププロと呼ばれる人たちとも何度か釣りをしたことがあるのですがボクのヘボ目には市長はそのクラスの人達とまったく遜色のないエキスパートぶりです。すぐに人気ガイドになって遊んでくれなくなるんだろうなぁ…。

関西から参加
イールショックモリモト 分類;おっさん
7月の亀山ダムでのトーナメントはチビばかり、先月のロンドンでは弟子のショウタ君にボコボコに釣り負け、そして先週のタレント釣り大会では掛けた4本のシーバスを全てバラしてしまうという最悪の結果…。もうこれ以上下がりシロがないと思われたところからどんどん下っていく釣り運…。最近は元バスプロであることを隠しております…。ですが、マザーレイクなら微笑んでくれるでしょう!なぜなら今年のボクは琵琶湖でのみ絶好調!
大人気なくビッグワンを狙っていきますよ!

そして東京から念を送り続ける大辻ペア…。
ボクのトーナメンター魂を呼び起こした亀山ダムトーナメントに誘い出してくれた大辻さん(愛称Cranker)、なんと直前にウィルス性の胃腸炎を発病されて無念の欠席だったのです…。楽しみにしていたのにねぇ…。ボクもその亀山ダムの仕返しを楽しみにしていたのですが…。でもこの日が最初で最後のミーティングではありません!これからずっと続いていくので次回は体調万全での参加を待ってますよ!

さてココまでで随分なボリュームになっておりますが、本日は目一杯書きますよ!
なんてったって釣り部初の大規模ミーティングですからね!
Basser記事を見越しての出し惜しみはなしです、だっていくら書いても書き足らないほど楽しかったわけですから。

では興味のある方は続きを



続きに進む前に!下のボタンをクリック!してください

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村ランキング

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

前述の10名が琵琶湖湖畔に集まったのが午前5時15分。
長旅の疲れもあるでしょうが、みんなの表情からは期待がそれを上回っているように見えます。

しかしその表情を一瞬で凍らせてしまう市長の発言…。
「渋いです…。ココのところ全然釣れません…。」

「とはいえ、10人もいるわけやし全体では50アップ数本に60が1本くらいは…。とりあえず60アップの迫力をみんなで共有したいから市長が遠慮なく釣ってくれていいからね。」
と甘えた考えのボク。
「いやぁ、それは無理難題ですよ…。全体で50アップゼロの可能性が相当に高いほどの釣れなさっぷりです…。」

たしかに釣り部もう一人のエキスパート、初日は不参加のフルムラ君の事前情報も「釣れない…。」とのものでした…。

でも、この市長から差し込まれた釘により『あまり夢見がちな釣り方を深追いしないようにしよう』と心に決めることが出来ましたよ。

さて、今回は市長のボート1台とレンタル3台に乗り分けての釣り大会。
EESとバス釣りだけで繋がっている初対面の方々も多いのでボクが寝ずに考えたローテーション表にしたがって2度の乗り換え、計3パターンの組み合わせで釣り進みます。
釣果ももちろんですが釣り部の親睦も大きな目的ですからね。

いよいよ待ちに待った釣り部in琵琶湖の始まりです!

第一レグ、ボクがホストを務めるレンタル18ftのバスボートにゲストとして乗ってくれたのはコマツくんとノブさん。
もちろんノブさんは半袖いっちょのままです。

ココのところ厳しい琵琶湖ですから最初からマットかカナダ藻でのヘビーテキサスで手堅く獲りにいくというのも考えましたが、琵琶湖初体験の二人にいきなりマニアックな釣りを強いるのもなんですし、朝一ということで最初は少し夢見がちな釣りからスタートしてみました。

記念すべき第一ポイントは北山田沖。
まったくの無風だったのでまずはペンシル(ウィップラッシュ、ドライヴィンワイヤー)で広範囲をチェックし始めるといきなりのバイト!
でもそのバイトサウンドは「ゴボッ」ではなく「チョボッ」。
明らかに小さい魚です…。

その後も時折、子アユを追い掛け回すボイルが見えましたが全て子バスによるもののよう…。
レンジを下げてスピナーベイトやテキサススイミングも試みますがノーバイト。
ゲストの2人にもノーバイトのままあっという間に2時間近くが経過。
釣りをしていると本当に時間が経つのが早い!
もう1時間もすれば第2レグへの乗り換えタイムがやってきてしまいます。
最初の乗換えまでに魚を触ってホッとしたいところなのですが…。

乗り換えの打ち合わせのために各ボートのホストに連絡するといきなりのビッグニュースが飛び込んできます!
市長が朝一、なんと第1投目で60.5cmなる巨大魚を仕留めたらしいのです!
さすが市長!
いきなりミッションクリアやん!
えぐい!
GOD!

ヘビーカバーでの1ozテキサス撃ちのレクチャーをしている最中のバイトだったようです。
「こういうヘビーカバーのこういうところに落として…、で揺すって落とします。フリーにフォールさせて…。…?ん?喰ってるな…。エイヤッ!」
といった感じだったらしいです。

市長は朝から確実に獲りにいった。
ボクもココで遅ればせながら作戦変更。
1ozのヘビーテキサスをぶら下げボクの鉄板エリアにバウを向けます。

ココはマットカバーではなくいわゆるカナダ藻ドームの釣り。
ボクのヘビーテキサスセットをバックシートの二人に貸し出しレクチャーを開始。
市長のようにはいきませんでしたがそのレクチャーの数投後、スルスルと落ちていくゲーリークリーチゃーに明確なバイト!
「いくよ!」
声高らかにアワセ宣言をするも無念のすっぽ抜け!

しかし、魚はいるようです。
やっぱりねって感じ。

とりあえずこの時点でまったく余裕のないボクはバックシートの二人をそっちのけで真剣に打ち続けていきます。

すると第一レグ終了間際待望の本日2バイト目!
同じくアワセ宣言をして竿を引きつけると今度はしっかりとした重み!
のった~!最高に気持ちいい~!

PEのセットを貸し出していたので無茶苦茶なことは出来ませんが無事に藻にまみれた魚があがってきます。
ノブさんにネットインを助けてもらいゲットしたのは丸々太った55cm!
市長の魚には程遠いですが本当にうれしかった!
ローカルの面目を保つ魚を獲れて本当にホッとしましたよ…。
釣れてくれたバス、ありがとう!
しかし、バックシートの二人に釣らせることは出来なかったヘボガイドでした…。

2010100102

ココで第2レグに突入のため一度終結し乗り換えです。
みんなで市長の釣った60アップを見て感嘆のため息を付いた後、再スタート。
今度のゲストは青柳くんとコイデくん。

ビッグサイズが2本出ましたが単発傾向、そしてこの時点でほとんどの人がノーバイトという厳しい条件。
手堅くひと流しで2バイトあった先ほどのエリアで釣り開始。
やはりココは鉄板エリア!
結果からいうとボクにさらに2バイト、ひとつはまたもやすっぽ抜けてしまいましたが40後半の魚を追加することが出来ました。

ココで少し余裕が出たボク…。
なんとロッドを置いてガイドに徹してみます。

『釣れてくれ…。』バックシートの二人の釣果を願うボク、ガイドさんって大変ですね、少しだけその気持ちがわかりましたよ。
しかし、釣りに関しては大人気なくガツガツとがめついボクに人の釣果を望む優しい心が少しだけ残されていたのには我ながら驚きましたよ。

で、その願いが届いたのか青柳くんに待望のバイト!
しかし、無念のすっぽ抜け…。
喰いが浅いのねぇ…。

チビがほとんどこないエリアだけに残念無念です…。

そしてそのまま第2レグもタイムアップ…。
いやぁ、確かに渋いわぁ。

第2と第3レグ間はランチ休憩。
ボートのままアクセスできるアングラーズインのレストランに全ボート終結です。

で、ココでこの渋い中またもや手柄を立てた男がいました!
集合場所で大きな体でバスをぶら下げている男が一人。
その大きな体で持っても十分迫力がかき消されない魚体!
本日2本目の60アップ!
ジャスト60cmを獲ったのはスゥさんでした!
市長の熱烈レクチャーが実を結んだのです!

いや~、すごいわ。
もうこの時点で琵琶湖ミーティングパーティーはミッションコンプリートです!

釣り部揃っての賑やかなランチタイム。
前半戦の余韻に浸る釣果あり組と午後に大逆転を狙う釣果なし組。
カネコさんの失敗談やノブさんのTシャツ1枚のいでたちに爆笑。
地元の釣り話。

このまま楽しい会話を続けたいという気持ちと早く釣りに戻りたいという気持ちを戦わせるのが大変でした。

最終レグのボクのゲストはスゥさんとダブルナオキ小林くん。
出来れば小林くんにメモリアルフィッシュを釣ってもらい有終の美を飾りたいところでしたが鉄板エリアもさすがに撃ち過ぎか沈黙が続きます…。
ローライトになってきましたし、あまりひとつのエリアを深追いするのもまずいと思い、帰着までの最後を下物の浚渫掘り残しエリアでエビ藻パッチでの巻物に挑戦しますが結局不発…。
この日は終始横の釣りには反応が悪かった…。

ということで結局ボクはバックシートのゲストにはいい魚を1本も釣らせることなく終わってしまいました…。
ガイドには100年早いね…。

しかし全体的には数は出ませんでしたがさすが琵琶湖!
市長の60.5cmにスゥさんの60cm!すばらしい!
スゥさんはこのほかにも30cmクラスを釣っていたようですね!

でも、みんなには言い忘れてましたがこの日は2匹長寸で競われた大会だったのです。
ということで55cm+47cm=102cmを釣ったボクが優勝していたのです。
あしからず。

本当に楽しい1日でした。
もう今週末にでも第2回を開催したい!
誰かから「○○日に琵琶湖に行きませんか?」という連絡が入ってくるのを毎日待ってしまっております…。

釣り部のみんな本当にありがとう!

しかしこの旅はまだ終わらない!
実は釣れなかった関東組が居残って、そして都合の合わなかった古村くんとトミちゃんが合流してのエクストララウンドが翌日も続くのです。
再び出るか?!メモリアルフィッシュ!
続きはまた明日。







スポンサーサイト
star2エンジニア職の求人紹介から面接対策までサポート!メイテックネクストで「失敗しない転職」
転職ならエンジニア専門のメイテックネクスト。キャリアカウンセリングから丁寧にサポート!

star1アウトドア&フィッシング ナチュラムナチュラム[決算セール中]
お買い物はネットで、休日はフィールドへ。いつも安定した安値、豊富な品揃えのナチュラム。

star3「OCN 光/ADSL」新規・乗り換え申込み
快適なインターネットライフ。 今ならおトクなキャンペーン中



テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

楽しそう☆

先日の十三ファンダンゴ楽しかった~☆

アキさんの素敵なダンスも見られて…フフフ

ついに噂のスゥさん弟君が!にゃんともワイルドなタフガイ!

でも分類は全員「おっさん」なのね(笑)

それにしても60アップとはスゴイな~☆

皆サイコーにイイ顔してるぜ!!

議事録ですか!?

クソ忙しいのに、この凄まじい量…もはや記録物の様相ですね!

これで釣り部入部希望増えるのでは?

実はこれからじっくり読ませて頂くところです。
ニヤニヤウフウフしながら読みます(*^^*)

只今読破しました!

ほんと、BASSERの原稿の為の出し惜しみ一切なしの、長文&力作ご苦労様です。

僕の参加出来なかった初日の様子が非常にわかりやすくうかがい知る事が出来ました。

カネコさんのおっしゃる通り、この記事見てあまりの楽しそうな内容に入部希望者の殺到は間違いないでしょう(笑)

お疲れっす!

楽しかったな~
今でも仕事中に思い出してニヤニヤしてます。
釣り人とイールショッカーに悪い人はいない
次回の開催を楽しみにしております(^^ゞ

たのしかったね~!

だがしかし・・・僕は次の琵琶湖ミーティングをイメージして
練習を開始しましたよ。

そうみんなをボコるためにv-91

無念…次回こそ!

次回は必ずや参加するぞっ!というか諦めの悪いオイラは今月中に琵琶湖に行っちまおうかと思案中でして…

http://texas4619.blog43.fc2.com/blog-entry-822.html

muchinさん、市長さん>今月の週末でガイド空いてる日ってありますか?(けっこうマジです)

モリモトさん>メールありがとうございました!という訳で今月中に行こうかな?などと思っておりますが…どうですか?

No title

長い!長すぎる!
そしてものすごいうらやましい!



コメントできませ~ん!

Akiさん、物書きとしても読者をノックアウトですか? (笑) 
感動のるつぼです!
EESの音のように聴きこまなきゃぁ(読み込まなきゃぁ)…

みなさん、秘密基地に集まった悪ガキの様?!(笑)

すっごくいい顔してます!
みんなステキ!
続きも期待!

お疲れさまでした!

スゥ 分類:オバハン
の方でございます…

このたびは釣り部の皆さま、弟がお世話になり、ありがとうございました。

皆さまの和気藹々とした記念写真やいつも以上に熱のこもった森本さんの記事を拝見するにつけ、弟に対する嫉妬心が…

こんな楽しそうなイベントに参加させてもらって羨ましー

おっと、取り乱してしまいました

釣り部の盛り上がり、今後も楽しみにしてます

ううううううう

うううううううううらやまし~~~~~~~!!!!!!

約束の一尾、必然の一尾

まるで仕込みでもあったかのように、あまりにも出来すぎた一尾でした…

市長艇第一レグ、カネコです(^^ゞ

ヒョウ柄の方のナオキさんがパンチング場で市長さんにレクチャーを依頼、ポイントの選び方、アプローチの仕方をそれはもう本当に丁寧に教えて頂きながら、お手本の第一投…

水鳥が集う生命感溢れるマットを、意外な程に静かに引き裂き、躍り出る鈍色の巨躯。

琵琶湖で数多の60upを見ている(*人の釣果です)自分ですが、心底驚きました!
だって、「60up釣って」って言われて朝一発で仕留めるなんて…


この様子はビデオ撮りしてますので(*残念ながらキャッチしてからですが)いずれ何かの形でご披露出来れば(*^^*)
Jump to
ElectricEelShockHome|ElectricEelShockFanBlog|Gfblg|
天気予報|||$€|TV番組表|つりビジョン番組表|乗り換え案内|道路,ナビ総合
Twitter
プロフィール

エレクトリックイールショックモリモト

世界30ヶ国以上を旅するジプシーバンド、エレクトリックイールショックのGt&Voの森本明人です。
でもライブツアーなんてほんとはどうでもいいのだ!
釣竿担いで世界中を釣る!食べる!飲む!
最高の人生を送らせていただいております。

最新コメント
初めての方へ おすすめ記事
カテゴリ
最新トラックバック


http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/20004011/0/52271/TUayq9LA/1244556343
月別アーカイブ
スポンサーサイト
Links

ライブ情報などはこちらから
Electric Eel Shock Web

a_02.gif
水の中が見える! 高性能偏光サングラスのα-sight
アカデミックなレンズのお話が読めます。


ボクも実はゲーリーファミリー!ファミリーブログが更新度高し!超釣れるよね


EESサウンドは日本が誇る世界のESPによって支えられています


こちらの連載もよろしくお願いいたします


ヨーロッパ式カープフィッシングベイト“ボイリー”やその他最新鯉情報満載!

検索フォーム
ブロとも一覧

朝から晩まで

気ままにバス釣り

☆☆ muchinの琵琶湖人的生活 ☆☆

山へ行け!川へ行け!

Royal Milktea Spicy Fishing.com ~pike fishing in UK/Japan fishing & more~

アメリカン雑貨通販【Texas4619】BLOG
その他のブログリンク
● dream A rousent

s-submarine.jpg
LET'S GO SUBMARINE GUIDE!
EES釣り部の4番バッター、市長の琵琶湖ガイド日記。 でかい魚の写真がいっぱい見れます!

s-1031.jpg
1031のブログ
EES釣り部トミちゃんの琵琶湖中心ブログ。
大阪で自転車を買う時はトミちゃんのお店で!
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ


ブログ

アフィリエイト・SEO対策

FC2プロフ

FC2動画

FC2PIYO 

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
EES Merchandise
T-shirts
LogoT
ClassicT BastardT
Wrist Band
listband
Patch
Wappen
Analog Record
Analog
上記の商品はこちら
AOG



CD
トランスワールドウルトラロック

ビート・ミー

GO EUROPE!

GO AMERICA!

AC/DCトリビュートアルバム THUNDER TRACKS

デトロイト・メタル・シティ トリビュートアルバム~生贄メタルMIX~

  1. 無料アクセス解析