明日のためのその2 タックルセレクトの巻 タレント釣り大会制覇をめざして。

ということで船宿に電話してみました。

やはりジギング、キャスティング、ストラクチャー打ち等おりまぜてということ、当日あたる船長さん次第でどれが中心の釣り方になるかはわからないということらしい。
とりあえず最低2~3セットのタックルは持っていっておいたほうがよさそうですね。

-------以下、釣り人以外は読んでも面白くないと思います…、すいません。-------------

ジギングはベイトリールに6フィートくらいのベイジギングロッドがお勧めらしいですがバスロッドでも大丈夫とのこと。
ただし硬いのはNG。
読者のカネコさんもコメントでグラスロッドがお勧めとおっしゃっていましたがやはりバラシの多い釣りなのですね。
特に重めのジグやバイブレーションは外れそう…。
しかし、物色してみてわかったのですがボクはどうやらパリパリのバスロッドが好きなようです…。
持っているものの中で柔らかめはブローニングのクランキングスティック、グラスロッドの「デビッドフリッツモデル」。
もしくはオールスターのカーボンではありながらも低弾性の「ゼルローランドモデル」。
う~ん、アメリカン。
ジギング自体はディープジギングのように強力にしゃくり上げるわけではなく、フォールと巻き上げ(スイミング)中心らしいのでこれらのロッドでも大丈夫そうですが60gのジグを背負わすにはちょっと柔かな…。
少し重いし…。
ということでこの釣りにはGLoomisのGL3コンペティションスティックというのを使ってみようかなと思っています。
普段バス釣りではヘビキャロやスピナーベイティングに使っているロッドで低弾性ではないのですがそれなりに曲がってくれるし、何より使い慣れているのでね。
グリップも長めなので上記のような攻め方ならエンドを肘に当てながら行えるので楽チンそうですし。

スピニングは6フィートくらいにPE1号+リーダー25lb位が標準らしく1オンスくらいのバイブレーションまで投げるらしいです。
しかしさすがにショートロッドで1オンスまで背負えるスピニングは持っていないので持っている中で一番強めのGLoomisの6フィートかファルコンの6.6のどちらか。
う~ん、やっぱりアメリカン…。
ファルコンのほうが少し胴に乗ってくるし、キャスティング用なら取り回しが辛くない範囲では長いほうがいいでしょう、一応Sicガイドに交換済みでPEでも安心なのでこちらにしてみよう。
表示では3/8オンスまでになってますがアメリカのロッドなので表記よりはぜんぜん硬いです。
5/8位までは楽勝でフルキャスト出来ると思います。

これにアキュラシー重視で6フィートのGルーミスのテキサス用のロッド(ボクの持っているルーミスのハードプラグ用のロッドではパワーが足りなそうなので)。
こいつは重めのハードルアーかジグヘッドにゲーリーワームでのスイミングかワインドでストラクチャーをタイトに打つ時用。

とまあ、こんな感じで考えてみました。
問題あるところを指摘しなさい。

皆さんの手で僕に栄冠を!



ブログランキング参加中!
キミの運気がアップ!ボクのブログランキングもアップ!言う事なしのボタン!下の二つのボタンを押して帰ってくださいね。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



スポンサーサイト
star2エンジニア職の求人紹介から面接対策までサポート!メイテックネクストで「失敗しない転職」
転職ならエンジニア専門のメイテックネクスト。キャリアカウンセリングから丁寧にサポート!

star1アウトドア&フィッシング ナチュラムナチュラム[決算セール中]
お買い物はネットで、休日はフィールドへ。いつも安定した安値、豊富な品揃えのナチュラム。

star3「OCN 光/ADSL」新規・乗り換え申込み
快適なインターネットライフ。 今ならおトクなキャンペーン中



テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

硬い竿は!?

弾いちゃいますよね!

ちなみ僕はノリーズRR630MLSとHB630Lをシーバスに
使ってます!
ラインはナイロンラインでベイト16ポンドスピニング8ポンド直結で結んでました!

60センチクラスは超楽勝にいなせましたよ!

No title

連日失礼します

乗り合いですとフルキャストさせる事はなさそうな気がします。
(タレントさんフックアップした日には・・・怖くて書けません)

ルアーの重さを背負えるかどうかより、
バラさないことを優先させる方がいいでしょうね。
ゲストさんのキャストが届かなければ、
キャプテンが船を寄せてくれるでしょう。

魚が大きいのでパワーロッドっていう方が多いのですが
パワーがあって強引にやりとり出来ちゃうとクチ切れします。

丸呑みされちゃうと、
針が掛かっているのは口の中の薄皮ですからね。

その辺考慮して、バイブレーションなどには
バットパワーのあるクランキンロッドもいいです。

硬い竿を使う場合は、
ベイトリールのドラグがちゃんと機能するか?
事前にチェックしといてくださいね。

バサーはベイトのドラグを締めっぱなしにする方が多いので、
固着に気がつかないケースがあります。

プラできるといいですね~

オールアメリカン

ルーミスにブローニングにオールスター、しかもデビットフリッツにゼルローランド…ビバ!アメリカ感満点ですね♪


自分も専用タックル揃えるまではメガバスのトマホーク使ってましたよ。
仰る通り感動よりノリ重視でした。

ジグも28g位のをスイミングで使いましたが、アレ冬の釣りだっかなぁ?

なんならボートシーバス用貸しましょうか?ってもサムライは自分のカタナで勝負したいもんですよね!!

ラインはトラブった時の手返し重視で直結に行き着きました。釣れてる時にモタモタしたくないですもんね(^_^;)

感動は重視

「感動よりノリ重視」→「感度よりノリ重視」でした、慎んで訂正させて頂きます。

そうそう、yamaさんの仰る通り、自分の経験上も安全のためボートシーバスではオーバーヘッドでのフルキャストは禁止でした。

そうするとサイドキャストとかで取り回し考えると比較的ショートグリップのモデルが専用ロッドには多かったように思えます(数年前の市場では)

的確ですね!

↑yamaさんのコメがズバリですな!
ルアーの重さを背負えるかどうかより、
バラさないことを優先させる方がいい

確かに!そうだと思います!
錆びた針は絶対使えませんねv-393

でも森本さんも上手くドラグを使うタイプの人だと思います!
だってパイクとか釣ってるしv-411

No title

シーバス難しかったです。全くアドバイスとか出来ませんが、釣って釣って釣りまくって、周りの芸能人がポカンとしてしまう絵を期待しています。そして大野君とお友達に♪

No title

先の記事での森本さんレスを受けてもう少しだけ・・・

ソルト用バイブはノンラトルがメインです。
ソリッドボディのタイプまでありますから。

バス用バイブは、シーバスにはあまり向きません。
海水の塩分濃度では沈下速度が遅すぎるんですね。

バイブレーションは表層付近でも釣れますが、
カウントダウンして使いますので。
(シーバスの反応しやすいレンジを探ります)

東京湾ではカウントダウンラパラも人気です。
当たりレンジを見つけた人が勝ちますんで、あらゆるタイプのプラグをご用意ください。ソルト用とレンジがずれるので、バス用シャッドのちょっと潜るヤツも意外といけます。

ワインドはやった事ありませんが、エコギア的なシャッドテールタイプもお忘れなく~。

追加~

yamaさんのアドバイスにもありましたが、ちょい潜る系でビーフリーズのロングビルも使ってました、確かにミノーや湾ベイトで合わせられない時に上手くフォロー出来ました。

時期的なものか分かりませんが、比較的重めのルアーに比重が置かれるようですね?

自分のシーバス体験が特殊なのかも知れませんが、ソルトウォーターフライマンのティーザー役で入ったもんで、季節に関わらず魚に上向かせるのがお仕事でした。

よってミノーイング勝負で表層の魚狙い、ダメなら湾ベイトで下層ってな感じで中層は…活性高ければミノーで引っ張って来る感じかなぁ。あとは湾ベイトのフォーリングで獲る感じ。

基本的にはヤル気の無い子(お魚)は相手にしないランガン主体で、手返し重視でワームを使った事がありませんです。

この辺りは船頭のスタイルにもよりますよね~。
あと同船者のレベルが高ければ、変にリズムを崩す事なく、場のポテンシャルを高める事も出来ますよね?
バラすと魚が散るからって、フックとラインのチェックは怠るな、と指導されました。そしてバラすと怒られました…ちなみにフックはバーブレスです。

調子に乗って長文失礼しました~

No title

フクヤマさん>
なぜか昔から力一杯の引っ張り合いっこが怖いボクはベイトでも多少ドラグは使います。
琵琶湖のヘビーカバー用にはこの癖なおさないといけないのですが。
ベイトでの鯉釣りやパイクの時はドラグ結構使いますし、そのあたりはまあまあこなせると思います。
今日、釣具屋の前を通ったのでライトジギング用の竿を触ってみました。
で、びっくり!
ジグ用で80gまで対応って表記なのに全体的な印象はバスロッドのミディアムライトくらいの感じ。
投げないししゃくらないならこんなもんでいいんや…、ってびっくりしました。
ジグ60gって聞いてビビッてしまい、もう少しでビッグベイト用のロッド持って行くとこでした…。

yamaさん>
アドバイス大変助かります!
皆さんのご意見と今日触ったライトジギング用ロッドを参考にするとジグ用にはやっぱりクランキンロッドを使おうかなと思いました。
ディープクランク用なのでレングスは6.6ありますが、短めのシャロークランク用などは弾性の強めのカーボンロッドしか持っていないので6.6のディープクランク用を使ってみようかなと。
エコギア的なシャッドテールってグラスミノーのことですか?
ちなみに標準的なサイズは何インチくらい?
もちろんボクはゲーリーで対応しますが。

カネコさん>
ちなみにスピニングロッドはこれまたアメリカンなファルコンを使おうと思っていますよ。
うーん、竿は専用の物のほうがいいのはわかってますが、今回はぶっつけ本番になりますし、バサーとしてバスタックルでのトライというのに意味も感じるのでマイタックルでいってみようかなと。
最初はいつものパックロッドで参加するのが一番面白いかなと思ったのですがスピニングはパワー不足、ベイトはパリパリなのでやめとくことにしました。
ちなみに感動は重視します。

shotaさん>
シーバスは群れに当たるとアホか?ってくらい釣れる時あるんですけどね。
ボクも昔バズベイトでも入れ喰うシチュエーションに遭遇したことあります。
しかしボートからは初めてなので不安です。
Jump to
ElectricEelShockHome|ElectricEelShockFanBlog|Gfblg|
天気予報|||$€|TV番組表|つりビジョン番組表|乗り換え案内|道路,ナビ総合
Twitter
プロフィール

エレクトリックイールショックモリモト

世界30ヶ国以上を旅するジプシーバンド、エレクトリックイールショックのGt&Voの森本明人です。
でもライブツアーなんてほんとはどうでもいいのだ!
釣竿担いで世界中を釣る!食べる!飲む!
最高の人生を送らせていただいております。

最新コメント
初めての方へ おすすめ記事
カテゴリ
最新トラックバック


http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/20004011/0/52271/TUayq9LA/1244556343
月別アーカイブ
スポンサーサイト
Links

ライブ情報などはこちらから
Electric Eel Shock Web

a_02.gif
水の中が見える! 高性能偏光サングラスのα-sight
アカデミックなレンズのお話が読めます。


ボクも実はゲーリーファミリー!ファミリーブログが更新度高し!超釣れるよね


EESサウンドは日本が誇る世界のESPによって支えられています


こちらの連載もよろしくお願いいたします


ヨーロッパ式カープフィッシングベイト“ボイリー”やその他最新鯉情報満載!

検索フォーム
ブロとも一覧

朝から晩まで

気ままにバス釣り

☆☆ muchinの琵琶湖人的生活 ☆☆

山へ行け!川へ行け!

Royal Milktea Spicy Fishing.com ~pike fishing in UK/Japan fishing & more~

アメリカン雑貨通販【Texas4619】BLOG
その他のブログリンク
● dream A rousent

s-submarine.jpg
LET'S GO SUBMARINE GUIDE!
EES釣り部の4番バッター、市長の琵琶湖ガイド日記。 でかい魚の写真がいっぱい見れます!

s-1031.jpg
1031のブログ
EES釣り部トミちゃんの琵琶湖中心ブログ。
大阪で自転車を買う時はトミちゃんのお店で!
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ


ブログ

アフィリエイト・SEO対策

FC2プロフ

FC2動画

FC2PIYO 

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
EES Merchandise
T-shirts
LogoT
ClassicT BastardT
Wrist Band
listband
Patch
Wappen
Analog Record
Analog
上記の商品はこちら
AOG



CD
トランスワールドウルトラロック

ビート・ミー

GO EUROPE!

GO AMERICA!

AC/DCトリビュートアルバム THUNDER TRACKS

デトロイト・メタル・シティ トリビュートアルバム~生贄メタルMIX~

  1. 無料アクセス解析