スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おい、毎日新聞…。

今日は長いぞ~!

昨日掲載されたボク達の記事ですが読者の皆さんからのコメントでは一様に「感動した!」なんて書き込んでいただきましたが、ほんとにそうですかぁ?
天下の毎日新聞にあれだけ大きく取り扱っていただいたのに申し訳ないですがボクは(メンバー一同)ちょっと、いやかなりがっかりしてしまいましたよ…。

実はあの記事、担当記者が4~5回にも分けてインタビューしてくれたのです。
「前回、聞き損ねた部分をもう一度お伺いしたいのです。」
なんて感じでリハーサルスタジオに来たり、わざわざ大阪のライブハウスにまで足を運んでくれたり、ひとりずつ個別にインタビューしてくれたり…。
かなりの時間を共有し、ライブの雰囲気をみて、あのくだらないMCを聞いたはずなのにあの内容とは…。

人に自分達の雰囲気を伝えるのは難しいもんですね…。
あの記事から放たれる負のオーラの強さはなんなのだ!
ボクが通りすがりの読者だったら「このおっさんら目も当てられんなぁ…。」で終わりですわ。
まったく救いがなかったねぇ。

まあ、たぶん言いもしてないことは書いてないんだろうけど言葉の拾いどころでこんな感じになっちゃうんかなぁ…。
本文→「日本でも種まいて、来年、再来年でブレークしよう」。カズトが言うと、アキとジャイアンはうなずく。
これは実際のインタビュー中ではたぶんこんな感じだったはず→
「しばらく日本ではちゃんと活動してなかったんで改めて種まきして、来年、再来年くらいにブレイクさせたいですね。」
「っていうかオマエがやめてくれたら売れるわ!」
「いやぁ、さすがに疲れてきましたわ!もういい加減に売れたい!売れるためやったらプロデューサーと寝まっせ!ガハハ!」
って感じで、正直『カズトが言うと、アキとジャイアンはうなずく』はありえない…。
気持ちわる~い!

仲間内のバンドが売れていく中…、なんてくだりでも「僕らだけモノにならなかった」とうつむくボク達の雰囲気にされてますが、
「いや~、面白いように売れませんでしたわ!ガハハ!」
って感じだったし、負のエピソードだってほとんどのバンドが経験する「最初は客5人くらいの時ありましたよ。いや~酷かった!ガハハ!」と武勇伝を楽しく伝えたと思っていたのになぁ…。

EESはもちろん一生懸命がんばってますけどボク達3人に悲壮感はないですからね!
あの感じだと3人きっと泣きながらインタビューの受け答えしてるよね。
安心してね、毎日最高に楽しく生きてるからね。

今まで受けたインタビューでは日本でも海外でもその辺は話しぶりから理解してもらえていたようで
『苦労話も笑い事に変えてしまうお気楽なおっさん3人組』のように扱ってもらえていたのですっかり安心していた…。

しかしよくもまああれだけ負の要素だけを拾い集めれたもんですわ。
結構プラスの要素もたくさん提供したのに…。
表現は、こそばい感じの気色の悪い文章でもいいからせめて
『そんな努力が少し実り始め、海外では大きなフェスティバルで数千人の前でも演奏できるようになり、日本ではメジャーレーベルとの契約もとれた。彼らの巻き返しに期待したい。』
とか書いてくれないと…。
とにかく救いがない…。

『ニューヨークで演奏後客に「よかったよ。」と肩を叩かれ、それが病みつきとなり…、』って爪の先の小っちゃな幸せにしがみついてるおっさん達みたいに書きやがって!
『家族に迷惑をかけている』これに関してはもう本当に余計なお世話じゃ!

同特集の前日の醤油屋さんの記事は危機を乗り越えこの秋に自信作の醤油が発売され、それで勝負に出る!なんて期待感を感じられるけど。
ボク達の記事は客もガラガラのライブハウスでしか演奏してない家族に迷惑をかけてるおっさんが客に褒められたことがある、外国でやったことがあるからっていう理由だけでこれといった突破口はないけどただ「がんばる!」と言うとりますわ、って感じやん。
哀愁どころか頭おかしいでこの3人…。

担当者、映画アンヴィル見過ぎじゃないの?
最初からそんな感じにしたかったならアンヴィル見ながら適当に書いてくれてよかったのに…。
あんなに長い取材時間必要だったのか?
高熱を押してまで行って損しちゃった気分…。

せめてもの救いはボクの親戚がたくさん住んでいる西日本では掲載されていなかったということだけ。
もしこんなの読まれたら2~3日後には米や野菜が大量に送りつけられたことでしょうよ。
たぶん手紙が添えられていてそこには「就職の世話してあげようか?」って書かれているはず…。

みんな何も送ってこないでね!
ボク達かわいそうなおっさんじゃないからね!
EESのライブが楽しいと感じなくなったら来なくていいですからね。
もちろんボク達にはそんな風に感じさせない自信がありますけどね。
生き様は見て頂いて結構ですがボランティアやチャリティーなんて感覚はなしでよろしく。

いや~、随分怒りの長文になってしまって申し訳なかったです。
でもなんかお涙ちょうだいバンドなんてイメージ付いちゃったら最悪ですからね…。
一番嫌いな表現のされ方に激しく反応してしまいました、大人気ないのか?
吠えれば吠えるほどその深みにはまって行くのか…?

文頭、「かなりがっかりしてしまいました」と書きましたが、本当のことを言うとメンバー3人で大爆笑してしまったが正解でした。
特に最も爆笑が起こったのはやはり『「ブレークしよう」。カズトが言うと、アキとジャイアンはうなずく。』のところでした。
イールショックファンなら知ってると思いますが本当にありえません…。
昨日の居酒屋ではメンバーとスタッフ、友人達とかなり珍味な酒の肴とさせていただきましたよ。
その点に関してはありがとうかな…?

って、頼むよ毎日新聞担当者様…。

最後に
今回はうまく伝わりませんでしたがボク達の為に貴重な時間と紙面を割いていただきありがとうございました。



2010年をよりよい年に!ブログランキング参加中!
キミの運気がアップ!ボクのブログランキングもアップ!言う事なしのボタン!下の二つのボタンを押して帰ってくださいね。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



スポンサーサイト
star2エンジニア職の求人紹介から面接対策までサポート!メイテックネクストで「失敗しない転職」
転職ならエンジニア専門のメイテックネクスト。キャリアカウンセリングから丁寧にサポート!

star1アウトドア&フィッシング ナチュラムナチュラム[決算セール中]
お買い物はネットで、休日はフィールドへ。いつも安定した安値、豊富な品揃えのナチュラム。

star3「OCN 光/ADSL」新規・乗り換え申込み
快適なインターネットライフ。 今ならおトクなキャンペーン中



テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

怒るでしかし。

いやーこんなコメントするのってすごい後出しジャンケンね~て自分でも思いながら。あれ、記者の頭の中に書きたいストーリーが先にあって、そこにEESが「顔はめ」みたいにハメられた感じがするがな…という印象でした。ほいでまた、不惑すぎてライブ楽しんでる客のことも憐れんどんのか正味のはなし、と、心の中のヤスシ・ヨコヤマも吼える思いでした。
でもきっと、毎日の記者の人は知らないでしょう。件のキメのセリフを、ファンならば『「ブレークしよう」。カズトが言うと、アキとジャイアン(ほぼ全裸)はうなずく。』と読むことに。
そう思うと、昨日の記事はやっぱりいろいろと高揚させてくれます。なによりも、駅で新聞買って開いたとたんバリバリテンションが上がりましたから。家宝にします。

悔しいです!!!

メディアに流される、分かりやすい日本人って所ですかね~っ!

でも昨日の記事を読んだら!通常の三倍応援したくなるのも

素直な気持ちですよ!

おつかれさまです☆

昨日は遅くまで楽しませていただきありがとうございました!
あの後迎えに来た“先輩”は普通の人でしたよ! 笑

あの新聞はわたしも頂いたんですけど、最初の居酒屋に忘れたか誰かが持ってったみたいです 笑

でも、それでよかったですかねー^^

ぎゃほい

けっさく!
お涙頂戴だったもんね。
なんかかわいそうな人たちを見る目線で書いてたw
これからハッピーエンドはないであろうという予感が文章から感じられるよ(汗)

おのれ~

おのれ毎日新聞(笑)

てっきり、普段全く窺い知れない部分が掘り返されたんかと思ったら…
そういえば、釣りの話も出てなかったし(記者的に不要?)


あ!変な事思い出した!!
毎日と言えば害魚論煽ってるときに「鋭い歯が並ぶグロテスクな魚」ってバスの事書いとったな。

あの時は「おい貴様!ピラニアと間違えんな!!さては実物見んと記事書いてるな!?」と憤っとりました。

受け手の感性も磨かないとな~(^_^;)
でも正味な話、大新聞にドカっと載ったのはファンとしては盛り上がりましたよ♪

ガハハ

紙面とアキさんの温度差が凄い(笑)でも私はなりたてホヤホヤのEESファンなので、知らないことが多すぎる中でのあの記事でしたからね~。全部素直に受け止めてしまいましたし、EESが新聞に載ってその記事を読めたことが単純に嬉しかったですよ。

まぁ…

ファン歴が浅いボクですが…
兎にも角にも全国紙っ 単純にソレが嬉しかったっす(o^-')bグッ!!

あ 2月のライヴ既に2本(エラとアースドム)チケ取りましたo(*≧□≦)o
今から楽しみっす(T^T)g クゥー!

ははっ!歌舞くなぁ~


お見事やな~

あはは(^^;)

「再生のとき」っていうタイトル
すごい重いんですけど・・・。

昨日は書かなかったけど
失礼?な文章かな?と。

担当者さんが
どういうポジションなのか不明だけど

上司から相当赤を入れられて
あんな感じになったのねぇ~くらいに
思ってます。

でもまぁ、しばらく離れてしまっていたことには
間違いないので、お詫びするっす。

ところで

ウィキペディアに
ジャイアンさんがv-274作りはプロ並みって
書いてあったんだけど、本当?

食べてみたいv-10

「つ」の字は?

関西地域なもんでWebで拝見しましたが・・・釣りの「つ」の字もありまへんで? 記者のストーリーに不必要なキーワードはNGなのですね。結構楽しく釣りしてますでは悲壮感が出ないのでしょう・・・。でもまあ、記事内容はともあれ紙面を飾ったことで、沢山の不特定多数の方がEESという名前を知った事実は素晴らしいです♪

ご心中お察しします…

確かに昨日の酒肴はこれとNHKでしたね~!
(私も結構しつこく振ったような気がする…すみません…)

メジャーなメディアってこういうもんなんでしょうね。

とりあえず大晦日の屋根裏のお客さんはまばらではなかったと思います!

でも私はあんな大きくイールショックが取り上げられたこと自体が、単純に嬉しかったですよ~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

確かに随分おとなしい感じにまとまっている違和感はそれだったのか、僕はミーハー日本一なので、全然気づきませんでした。
でも笑えますねwそれに少なくとも始めてEESの名前を見て、興味を持ってくれて、あわよくばCDに手を伸ばしてくれるかもと思えばOKですよ。んで聴いたらあの記事ウソくさ!!ってわかるはず。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

記事の特集のテーマから言えば、バッチリハマっていると思います。ただ、あの記事を読んで EES を知った方がライブで目の当たりにした際には、記事から受ける悲壮感と現実との落差にちょっと戸惑われるんじゃないかな、と思いました。

まあ取材時と掲載時のギャップが大き過ぎるというエピソードは、今まで色々ありますしね。ライブの MC で「うなずき合う」パフォーマンスが見られればファンとしては嬉しいことこの上ないです(笑)

難しいもんです

私も自分の仕事のことで、なんどもプレスリリースして
取材を受けたり、テレビに出演したこともありますが、
こちらの思い通りに伝えられた・・・・ってことはないですね~
記者さん達の価値観によって捉えかたが全然変わってくる
もの・・・・と割り切ってますので最近は気にしないように
しています。
ほんと、難しいもんです。。

プークスクス

>あの感じだと3人きっと泣きながらインタビューの受け答えしてるよね。


正直、大爆笑してしまいました(爆

かなりイメージと違いますもんね

うまく毎日新聞に釣られてしまいました

やっぱり日本人はお涙頂戴話大好きですもんね!

これからも変わらないイールショックでよろしくお願いします!

No title

今回はただ単に内容の確認を事前にすれば回避できたことだと反省しております。
長い時間インタビューを受けているあいだになんとなく、この人ならどんな感じのバンドか、どういったイメージを伝えて欲しいかわかってもらえたかなと勝手に安心していました。
これは記者さんの能力の問題ではなく相性ですよね。
今後はもう少し意識を高めて露出されるものには注意します。
皆さん、申し訳ありませんでした。
Jump to
ElectricEelShockHome|ElectricEelShockFanBlog|Gfblg|
天気予報|||$€|TV番組表|つりビジョン番組表|乗り換え案内|道路,ナビ総合
Twitter
プロフィール

エレクトリックイールショックモリモト

世界30ヶ国以上を旅するジプシーバンド、エレクトリックイールショックのGt&Voの森本明人です。
でもライブツアーなんてほんとはどうでもいいのだ!
釣竿担いで世界中を釣る!食べる!飲む!
最高の人生を送らせていただいております。

最新コメント
初めての方へ おすすめ記事
カテゴリ
最新トラックバック


http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/20004011/0/52271/TUayq9LA/1244556343
月別アーカイブ
スポンサーサイト
Links

ライブ情報などはこちらから
Electric Eel Shock Web

a_02.gif
水の中が見える! 高性能偏光サングラスのα-sight
アカデミックなレンズのお話が読めます。


ボクも実はゲーリーファミリー!ファミリーブログが更新度高し!超釣れるよね


EESサウンドは日本が誇る世界のESPによって支えられています


こちらの連載もよろしくお願いいたします


ヨーロッパ式カープフィッシングベイト“ボイリー”やその他最新鯉情報満載!

検索フォーム
ブロとも一覧

朝から晩まで

気ままにバス釣り

☆☆ muchinの琵琶湖人的生活 ☆☆

山へ行け!川へ行け!

Royal Milktea Spicy Fishing.com ~pike fishing in UK/Japan fishing & more~

アメリカン雑貨通販【Texas4619】BLOG
その他のブログリンク
● dream A rousent

s-submarine.jpg
LET'S GO SUBMARINE GUIDE!
EES釣り部の4番バッター、市長の琵琶湖ガイド日記。 でかい魚の写真がいっぱい見れます!

s-1031.jpg
1031のブログ
EES釣り部トミちゃんの琵琶湖中心ブログ。
大阪で自転車を買う時はトミちゃんのお店で!
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ


ブログ

アフィリエイト・SEO対策

FC2プロフ

FC2動画

FC2PIYO 

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
EES Merchandise
T-shirts
LogoT
ClassicT BastardT
Wrist Band
listband
Patch
Wappen
Analog Record
Analog
上記の商品はこちら
AOG



CD
トランスワールドウルトラロック

ビート・ミー

GO EUROPE!

GO AMERICA!

AC/DCトリビュートアルバム THUNDER TRACKS

デトロイト・メタル・シティ トリビュートアルバム~生贄メタルMIX~

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。